西.血液培養でLegionella pneumophila serogroup1が検出されたレジオネラ肺炎の1例

はじめに
重症レジオネラ肺炎において血液培養からLegionella pneumophilaを検出した1例を報告する。

症例
1.65歳男性、既往歴として間接リュウマチ(アダリムマブ使用)、胃癌術後再発(S-1内服)。発熱と咳嗽、呼吸困難にて救急外来受診。
2.意識混濁、高熱。血圧低下は認めず。白血球減少、LDH高値、腎機能障害、CRP上昇。Xp及びCTで両肺野にGGOを伴った炎症性硬変を認め、細菌性肺炎の診断で入院。
3.入院後、レジオネラ尿中抗原陽性となり、MEPM及びLVFXの併用療法を開始したが、8時間後に死亡。
4.培養開始7日目後でも血液培養は陰性だったが、ヒメネス染色でピンク色の菌体が確認されたのでWYO培地で培養するとL.pneumophila SG1が検出された。

考察
1.本症例では血液培養ボトルでL.pneumophilaが7日間生存できたことを確認できた。
2.原因菌不明の重症肺炎の場合には血液培養でヒメネス染色を行い、必要に応じて選択培地で培養することも一つの選択肢と考える。
3.FDAからTNFα阻害薬の使用がレジオネラ肺炎のリスクになると勧告が出されているが、本症例は同薬を投与されていた。本邦でも注意が必要と考える。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事