足湯からのレジオネラ属菌の分離状況

目的
手軽に温泉を楽しめることから全国各地に急増している足湯を対象に、レジオネラ属菌の生息状況を把握する。

方法
全国37都道府県の温泉水利用の足湯を採取し、試料とした。レジオネラ属菌の分離道程は第3版レジオネラ症防止指針に準拠した。

結果
1.182施設196試料中、56試料(28.6%)から分離され、全国各地の足湯に広く生息していることが明らかになった。
2.設置場所としてはホームを含む駅周辺で40.9%と最も高率に分離された。
3.100ml当りの菌数は102CFU未満が34試料(60.7%)と最も多かった。
4.分離菌種ではL.pneumophilaが優占種で、中でも1群が16株(23.9%)と高頻度に分離されたほか、L.londiniensisが7株(10.4%)、L.rubrilucensが4株(6%)あった。今回は足湯の約30%にレジオネラ属菌が生息していることが明らかになった。菌数は少ないがL.pneumophilaが優占していることからレジオネラ症発生の可能性は否定できず、各施設ではレジオネラ属菌の現状把握、衛生的維持管理の継続が必要である。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事