EMA-LAMP法を用いた生菌レジオネラ検出方法の検討

目的

生菌のみを迅速に検出可能な検査方法が求められているなか、エチジウムモノアジド(EMA)の特性を利用してレジオネラ生菌のみを検出するEMA-LAMP法について検討した。

方法
①標準株:生菌の菌数101 -105 cfu/ml、死菌101 -105 cfu/mlの菌懸濁液をEMA濃度0〜20 ㎍/mlになるよう添加し、反応後、DNAを抽出し、LAMP法を行った。
②浴槽水分離株:生菌及び死菌105 cfu/ml。EM濃度0、20㎍/ml ①同様、LAMP法を行った。

結果
標準株は生菌はすべてのEMA濃度で陽性、死菌0㎍/mlのみ陽性。浴槽水分離株は生菌は0、20㎍/ml共に法陽性。死菌は0㎍/mlのみ陽性であった。以上の結果より、EMAを添加した場合は生菌のみが陽性となり、EMA-LAMP法により生菌レジオネラのみを検出可能であると確認された。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事