レジオネラ肺炎における各種バイオマーカーの臨床的意義

目的
レジオネラ肺炎における種々バイオマーカの臨床的意義を検討する。

方法
レジオネラ肺炎42症例の血中HGF、IL-17、IFN-γ、HMGB1濃度を測定し、検体が得られた7症例については気管支肺胞洗浄液中のIL-17、IFN-γ、HMGB1濃度を測定した。

結果
IL-17はコントロールと有意差は得られなかったが、肺胞洗浄液中は高値であった。IFN-γはコントロールと比較し有意に高く、肺胞洗浄液中は血清中より高値であった。HMGB1は有意差は認められなかったが肺胞洗浄液中は極めて高値だった。また、同一検体におけるIL-17とIFN-γの相関は認められなかった。

考察
血中HGFはレジオネラ肺炎の重症度、転帰と相関傾向が認められた。HMGB1は肺胞腔内で増加し、肺局所での病態関与の可能性が示唆された。IL-17とIFN-γは異なる制御がなされている可能性が示唆された。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事