Multiplex PCRが有用であったLegionella pneumophila SG10によるレジオネラ肺炎

症例は60歳男性。細菌性肺炎を疑い入院、翌日急速に急性呼吸促進症候群に進展し、人工呼吸管理となる。第2入院病日の喀痰のMultiplex PCR検査を行い、第4入院病日にL.pneumophila陽性が判明した。これを受けてPZFX、RFP投与に変更の後、状態が改善し、第23入院病日に退院となった。第11入院病日にはBCYE培地にて行った入院時喀痰の培養にてL.pneumophila SG10と同定された。
本症例では尿中レジオネラ抗原検査は一貫して陰性であり、喀痰培養は3日で陽性となった。一方、Multiplex PCR検査では1日以内に確定診断が得られ、感度と迅速性に優れていた。
同検査が呼吸器感染症の診療において有用な診断手段であることを示している。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事