rep-PCR法を用いたレジオネラの型別

目的
当教室保存のレジオネラ59菌株を用いて、rep-PCR法の有用性を検討した。方法
患者検体から分離された38菌株、クーリングタワー水、付属病院水系から分離されたL. anisa19菌株、基準株2菌株を用いてrep-PCR法で解析を行った。

結果
各菌種は明瞭に区別できた。L. anisa20菌株はほぼ同一の泳動パターンを示し、L.pneumophilaの血清郡は広範なパターンを示した。考察:rep-PCR法は菌種の同定に用いることができるが、L.pneumophilaの各血清郡・菌種は区別できず疫学的マーカーとして用いるのが有用である。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事