病院内の給水・給湯水における微生物汚染調査

目的
水供給システムを介した易感染患者への環境由来菌による医療関連感染が問題となっている。予防対策として医療環境水の微生物生息状況を把握するため易感染患者ケア病棟の給水・給湯水について汚染度調査を行った。

方法と結果
初流水と1Lフラッシング後の給水、給湯水を試料とし、水道法、レジオネラ症防止指針等に準じて蛇口部周囲と配管内の汚染について1週間毎に、計4回調査を実施した。4回ともに初流水の方が高い生菌数を示した。MDRPは検出されなかったがB.cereus、L.Pneumophila等の細菌が検出された。

考察
医療環境水は様々な細菌の汚染が考えられるため、給水・給湯設備の定期的清掃と維持管理、また使用前の十分なフラッシングが重要と考える。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事