レジオネラ属菌に対する過酢酸およびヒノキチオールの消毒効果

目的
浴槽および配管等の消毒に使用する適切な消毒剤の選定を目指し、過酢酸およびヒノキチオールを使用し、レジオネラ属菌の殺菌力について検証した。

方法
1.浴槽水5Lのモデル浴槽での試験ろ過した残り湯5Lを浴槽に入れ、水温を40℃に調整し、過酢酸およびヒノキチオールの一定量を滅菌水に溶解後浴槽に添加し、終濃度を過酢酸2.0、5.0㎍/ml、ヒノキチオール12.5、25.0㎍/mlとした。培養したL.pneumophila血清型1型、6型を各浴槽に一定菌量添加し、定めた時間経過後に一定量の湯を採取、GVPCά寒天培地に塗沫、37℃で5日間培養し、コロニー数を計測した。
2.80Lのモデル浴槽での試験精製水約80Lを浴槽に入れ、1と同様の方法によりコロニー数を計測した。

結果
1.5Lの場合
ヒノキチオールは12.5㎍/mlの濃度でL.pneumophila血清型1型および6型の増幅を大きく抑制し、1型に対しては24時間で完全に抑制した(培養6時間後)。25.0 ㎍/mlの濃度でも同様の抑制効果を示した。
2.80Lの場合
過酢酸は上記1と類似する結果を示し、6型には若干効果が悪いものの5.0㎍/ml濃度で良好な殺菌効果が期待される。ヒノキチオールは25.0㎍/ml処理で8時間経過後、1型では約3.5Logの減少、処理後8時間で検出されなくなった。12.5㎍/ml処理でも処理後24時間で検出されなくなった。6型では処理後8時間までで速やかに菌数の低下が見られた。以上のことから、L.pneumophilaに対するヒノキチオールの殺菌効果が裏づけられたと判断できる。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事