フローサイトメトリー法による温泉水等のリアルタイムレジオネラリスク評価基準の有用性

目的
レジオネラ属菌(以下レ菌)汚染問題と密接につながる浴場施設等の衛星管理方法に関連して、これまでフローサイトメトリー法(以下FCM法)で測定した浴用水中粒子数が非消毒条件では従属栄養細菌数(以下HPC)とよく相関すること、FCM法に基づく新レジオネラリスク評価基準(以下新評価基準)が塩素濃度管理の困難な一温泉施設において劇的な改善効果をもたらしたとの報告があった。今回、泉質の異なる浴槽水(演歌物泉、炭酸水素塩泉、単純温泉、酸性泉、水道水及び井水)を用いて本評価基準を精査、その有用性を検討した。

方法
上水試験法に準じたpH、有効塩素濃度、HPCの測定及び新版レジオネラ症防止指針に従ったレ菌の検出を実施した
①実施期間:19年9月〜10月
②対象
N県内24浴場施設の45浴場水併せて、FCM法で測定した粒子サイズと核酸量を指標とする浴槽水中粒子の二次元散布図を作成し、予め図内に塩素剤で殺菌した細菌と未処理の細菌の計測結果を基に特定領域を定め、計測した粒子群の分布により消毒効果を判定する新評価基準を設定し、上述の培養検査結果等と比較した。

結果
新評価基準で陰性の31検体からレ菌は検出されなかった。この内、16検体からはHPCが検出されたが低い値(101-3CFU/ml)であった。一方、基準陽性の14検体中、8検体からレ菌が検出、高いHPC値(103-6CFU/ml)を示し、残り6検体の内、4検体のHPCはレ菌が検出された検体と同程度に高い値を示し、2検体については基準陽性に拘らず低いHPC値を示した。これらの泉質は共に酸性泉であった。

結論
今回示した評価基準は簡便かつ迅速に温泉水等のレジオネラリスクを探知できることから衛星管理上、極めて有用である。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事