循環式浴槽設備の清浄度維持に及ぼす高濃度塩素消毒実施頻度の影響

目的
温浴営業施設において、実施頻度を変えたときの、高濃度塩素消毒の設備内清浄度維持に及ぼす効果を、ろ材及びろ過装置通過水の微生物汚染度を指標として検討した。

方法
営業期間中は、電解次亜塩素酸により浴槽水の殺菌管理をし、更にジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを用いて、毎日あるいは1週間に1回、10mg/Lにて高濃度塩素消毒を行った。その間経日的にろ材とろ過装置通過水を採取し、従属栄養細菌、レジオネラ属菌及び自由生活性アメーバの検査を行った。

結果
毎日1回10mg/Lの高濃度塩素消毒により、実験用ろ過装置内のレジオネラ属菌や自由生活性アメーバの増殖を抑制できた。一方、これら微生物汚染の進展を完全に抑えることができなかった。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事