給湯設備内から検出された:Legionella属菌の遺伝子解析

目的
給湯設備内から検出したLegionella属菌種の同定を行うために、PCR産物の塩基配列を決定し、解析を行った。

方法
PCR法によりLegionella属菌16SrRNAの一部分を増幅し、電気泳動で増幅産物を確認。それをゲルより切り出し、direct sequencingにより塩基配列を決定し解析した。結果
給湯水中に多数のLegionella属菌が存在することが確認された。Legionella属菌が検出された場合には、設備全体の汚染の可能性があり、適切な維持管理が必要である。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事