遺伝子増幅法を用いたレジオネラ属菌検出キットと培養法によるレジオネラ属菌検出状況の比較

目的
浴槽水や冷却水等の生活環境水を用いて、培養法とLAMP法の検出状況を比較し実用性を検討した。

方法
培養法はレジオネラ症防止指針に従った。LAMP法は検水を100倍濃縮し、Loopampリアルタイム濁度測定装置を用いた。

結果
陽性率は培養法で35.5%、LAMP法で63.2%であった。また、培養法で不検出だった100検体中48検体は、LAMP法で陽性と判定された。培養法で陽性だった55検体中、LAMP法では50検体が陽性で5検体が陰性と判定された。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事