浮遊レジオネラ属菌の捕集方法

目的
現在、空気中に浮遊するレジオネラ属菌を検出する方法は確立されていない。そのため、ネブライザーおよび既存の多孔板式エアサンプラーを用いた測定法を検討した。

方法
クリーンボックス内で、ネブライザーにより飛散させた菌液を、エアサンプラーを用いて吸引し、培地に吹き付けた。培養後、菌液濃度と捕集菌数、捕集効率を比較検討した。気泡浴槽モデルを作成し、同様の調査をした。

結果
捕集は可能であり、菌液濃度と捕集菌数との間には、良好な相関関係が認められたが、通常の浴槽モデルと気泡浴槽モデルでは飛散量が大きく異なった。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事