レジオネラ生菌のマイクロコロニー法による迅速高感度定量

目的
レジオネラ症のアウトブレイク防止にはレジオネラ生菌の迅速な定量が重要である。そこで、増殖する細菌を検出可能なマイクロコロニー法に着目し、レジオネラ生菌の定量を試みた。

方法
標準菌株としてLegionella puneumophila serogroup 1を用い、マイクロコロニー形成条件を検討した。決定した条件を用いて、水環境試料中のレジオネラ生菌の定量を行った。

結果
従来法でレジオネラ属菌が検出された試料すべてにおいて、同等以上の感度でマイクロコロニー法で検出できた。この結果から、マイクロコロニー法を用いることにより、レジオネラ生菌を迅速に定量できることが分かった。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事