水系汚染Leionella属菌に対する感染防止対策法の確立ー循環式浴槽への殺菌セラミックの応用ー

目的
独自に開発した新規殺菌セラミックが温泉入浴施設および24時間循環風呂におけるLegionella属菌の防除対策に応用できるかを検討した。

方法
24時間風呂を使用して各種温泉水における殺菌セラミックのL.pneumophilaに対する殺菌効果を検討した。

結果と考察
24時間処理後に生菌数が1%以下に減少した泉質は、わが国の温泉水の9割を占めている硫黄泉、炭酸水素塩泉、単純泉そして塩化物泉であった。このことは殺菌セラミックがほとんどの泉質の温泉入浴施設におけるLegionella属菌の防除対策に応用できることを示している。また、アルカリ性単純泉においては防除効果が3週間をこえて持続するなどの成績をおさめた。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事