レジオネラ菌感染における樹状細胞の役割

目的
レジオネラ肺炎の重症化機構の一端を解明する目的でレジオネラ属菌に対する樹状細胞の免疫応答を検討した。

方法
レジオネラ属菌を取り込んだ樹状細胞において、その表面形質や分泌サイトカインの変化を調べた。

結果と考察
レジオネラ属菌は、取り込んだ樹状細胞の活性化を阻害し、レジオネラ感染の重症化する原因の1つと考えられる。また、逆にレジオネラ属菌が一旦不活化されると樹状細胞を活性化するようになり、取り込んだ樹状細胞に活性化マーカーであるMHC class IIなどの発現亢進やIL-12などの炎症誘発性サイトカインの分泌をもたらした。その樹状細胞は、マウス体内でレジオネラ肺炎に防御的な免疫応答を誘導した。以上のことから、樹状細胞はレジオネラ肺炎の感染防御において重要な役割を担っていると考えられる。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事