水系汚染Legionella属菌に対する感染防止対策法の確立第2報循環式浴槽における殺菌セラミックスの応用

目的
従来のろ材に代わる抗菌性を有する新セラミックを開発した。そこで循環式浴槽におけるLegionella属菌に対する殺菌効果を検討した。

対象施設
一般家庭の24時間風呂および公共温泉施設(アルカリ泉)・設置:殺菌セラミックは循環装置のろ過装置内にろ材と一緒に敷設した。

結果と方法
家庭用24時間風呂において、浴槽水とL.pneumophila SG1を用いたバッチ試験で殺菌セラミック20g/100mLで1日後に殺菌効果が得られた。また、温泉施設ではLegionella属菌に対して使用2日目で殺菌効果が得られ、その効果は20日以上持続した。これまでの野外検証の結果、当該セラミックが循環式浴槽水を汚染するLegionella属菌に対する有効な殺菌対策法になりうることが明らかになった。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事