「病原菌から見た重症肺炎への対応」「レジオネラ菌感染における樹状細胞の役割」

目的
免疫機構において最も重要な抗原提示細胞である樹状細胞が、レジオネラ菌に対して、どのような免疫応答を引き起こすのかを解明するべく、検討した。

方法
レジオネラ菌の死菌あるいは生菌を取り込んだ樹状細胞において、その表面形質や分泌サイトカインの変化をin vivoで調べた。また、レジオネラ菌を取り込んだ樹状細胞が、感染防御的な宿主免疫応答をin vivoで誘導するのかを、マウスレジオネラ肺炎モデルにおいて検討した。

結果と考察
樹状細胞はレジオネラ肺炎の感染防御においてもある一定の役割を担っており、樹状細胞がレジオネラ菌に対する宿主免疫応答を誘導するためには、マクロファージを主体とした自然免疫との連携が重要であると考えられた。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事