Legionella pneumophilaの塩素、過酸化水素殺菌時のPCR法による検出挙動

L.pneumophilaのDNAに対する殺菌剤の分解効果を検討した。塩素や過酸化水素を用いて処理を行ったところ、その核酸分解作用によって短時間のうちにL.pnemumophilaの核酸が分解され、PCRで増幅不可能となることが明らかになった。塩素剤の場合、10mg/Lの濃度では30分間、1mg/Lの濃度では120分間でPCR法によって、L.pneumophila


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事