水系汚染Legionella属菌に対する感染防止対策法の確率ーセラミック触媒の殺菌作用に関する評価ー

水系汚染Legionella属菌に対するセラミック触媒の殺菌効果を各種温度(25℃および42℃)条件下にて検討した。PBSに浸漬したセラミック触媒はいずれの条件下においてもLegionella pneumophila ATCC標準株(血清型IおよびII型)に対して顕著な殺菌効果を示した。以上の実験から、セラミック触媒はLegionella属菌に対して優れた殺菌効果を発揮し、その殺菌作用は8種類の元素イオンの相乗的作用によってもたらされることが示唆された。また、このセラミック触媒による殺菌効果は冷却塔や温泉水においても同様に作用することが確認され、人工的環境水を汚染するLegionella属菌に対する有効な感染防止対策法のひとつになり得ることが明らかにされた。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事