冷却塔におけるレジオネラ菌の飛散防止対策について

”冷却塔におけるLegionella属菌の飛散防止対策を検討する目的で、本菌が検出された冷却塔7基において、現在市販されている殺藻剤、除菌剤、水処理剤を使用した場合、及び冷却塔を洗浄した場合の除菌効果について比較実験を行った。その結果、殺藻剤(有機窒素硫黄系)を包み込んだパックを冷却水中に投入した場合は、洗浄のみの場合とほとんど変わらず、5日目から本菌が検出された。除菌剤(2-brom-2-nitropropane-1、3-dial)を詰めたパックを冷却水中に投入した場合は、殺藻剤投入よりは長く20日程度効果がみられた。水処理剤(藻類、水垢、腐食防止)を定期的に添加した場合は、良好な除菌効果が得られた。冷却塔を洗浄した場合は、3日程度の効果がみられた。”


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事