冷却水におけるレジオネラ汚染の状況と対策

現在、オフィスや病院、半導体・医薬などの工場では空調システムは不可欠であり、規模の大きい冷暖房設備が稼動し、その数も年々増加している。これら建築設備では熱源が多いため、冷房の負荷が大きく、冷房用冷却水におけるレジオネラ症感染としてのリスクが高くなっている。わが国では現在、レジオネラ症の集団発生が数多く報告されてはいないものの、各種水系について感染のリスクに応じた適切なレジオネラ属菌は抑制対策を実施することが望ましい。本稿では、(1)薬剤による化学的殺菌洗浄(2)殺菌剤の継続的添加による処理(3)物理的殺菌処理(紫外線殺菌法)について解説している。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事