長崎地方におけるLegionella属の環境内分布調査

長崎地方の45の冷却塔のうち、22検体(48.9%)からLegionella属菌を検出した。検出菌の内訳は、Legionella pneumophila SG1が20株、SG4が2株、Legionella like organizmが1株で計23株が分離された。県内における地域差は認め難く、特にL.pneumophila SG1は県全域に分布していると考えられた。土壌からは20検体のうち、5検体(25%)が陽性で、L.pneumophila SG1,4,5がそれぞれ5株、2株、1株分離された。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事