千葉県における冷却塔冷却水からのLegionellaの分離

1987年12月から1988年8月まで、千葉県内の冷却塔冷却水及び河川水からのLegionellaの分離を試みた結果、冷却水の91.2%から本菌を検出したが、河川水からの分離はみられなかった。分離された本菌84株はすべてL.pneumophilaで、その菌数は冷却水100ml当り101〜104であった。L.pneumophilaのserogroupは、1が62%、4が38%であった。16株について薬剤感受性試験を行ったところ、いずれの薬剤にも感受性であった。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事