クーリングタワー冷却塔水からのLegionella pneumophilaの分離について

松江市内の16施設の冷却塔36基から、稼動開始時と稼動期間中の2回、冷却塔水を採取し、検査した結果、58.3%の冷却塔からLegionella pneumophila SG1が分離され、藻が発生している冷却塔水で分離率が高かった。又、薬剤使用の冷却塔水からの本菌の分離率は28.9%と、未使用の冷却塔水の73.5%に比較して低かった。又、菌数は、稼動開始時と比較して稼動後の方が増加し、月別の推移でみると7月から8月に最も多かった。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事