埼玉県におけるLegionella属菌の環境分布調査

埼玉県内における冷却塔水20検体中13検体(65%)からLegionella属菌が分離された。河川水では、19検体中2検体(10.5%)から、土壌では23検体中1検体(4.3%)から本菌が分離され、本県においても広く分布していることが認められた。また、分離培地については、MWY培地からの分離率が最も高い結果であったが、選択培地を併用することは、分離率向上に有効であると考えられた。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事