近畿地方のクーリングタワー水からのLegionellaの分離

大阪府、兵庫県及び奈良県下のビル86棟及び兵庫県西宮市内のビル35棟について、クーリングタワーのLegionella分布の実態を調査した。分離平板は前者はBMPAα寒天培地、後者はMWY寒天培地を用いた。前者の86検体のうちの48.8%から52菌株が分離され、Legionella pneumophila SG1が28株で最も多かった。後者の35検体のうちの65.7%から40菌株が分離されたが、これまで本邦ではほとんど検出されていなかったL.anisaが18株あり、L.pneumophila SG1(17株)より多く分離された。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事