札幌市内の冷却塔水におけるLegionella属菌の検出状況について

平成3,4年に、札幌市内の特定建築物35施設の冷却塔について、Legionella属菌の検査を行ったところ、15施設(42.9%)からLegionella pneumophilaが分離され、1群が15株、4群が1株であった。平成4年度は、冷却塔の清掃後における本菌数の経日的変化を調査し、除菌剤を使用した場合には約2週間程度は増殖を抑制できることを確認した。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事