レジオネラ属菌とその生態

環境中では、レジオネラはヒトに対する感染との関連で水環境が重要な役割を持っているが、レジオネラは単独での増殖は困難で、原生動物を抜きには語れない。本稿ではレジオネラによる感染対策を目的にレジオネラの生息環境から考察した。レジオネラの一過性の汚染が起こりやすい水の場合は塩素消毒などの管理が必要であり、そしてレジオネラの増殖する環境ではその生態系を崩すような対策が必要である。それにはこまめな清掃や水処理剤の添加により菌数の減少も可能である。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事