環境中のレジオネラ属菌および非結核性抗酸菌の分布調査

レジオネラ症や非結核性抗酸菌症の原因となるレジオネラ属菌および非結核性抗酸菌について、その感染源となりうる身近な生活環境中の分布状況を把握するために河川、湖沼、海水および土壌等の自然環境、周景用水、温泉水、公衆浴場水、一般家庭浴水および環境風呂浴水などの人工環境、また各種細菌が検出されないと思われる対照として水道水と飲料用水の調査を行った。その結果、レジオネラ属菌は河川水、温泉水、公衆浴場水、一般家庭浴水および循環風呂浴水から分離された。非結核性抗酸菌はレジオネラ属菌と同様、生活環境中に広く分布していることが確認された。また、一部飲料用水からも非結核性抗酸菌が分離された。循環風呂浴水に関しては循環機本体の熱洗浄システム等を導入した物理浄化方式の装置を試験対象とした。その結果、温泉水や公衆浴場水等と比較してもその菌数、分布ともに低値であった。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事