Legionella pneumophilaにおける染色体DNAの接合伝達

L.pneumophila (Lpn)は肺炎やポンティアック熱の原因菌であり、マクロファージ(Mφ)の殺菌機構に抵抗し増殖する細胞内寄生菌である。現在までに細胞内増殖を担う遺伝子領域(Icm/Dot locus)が明らかにされ、24種の遺伝子が同定されている。この24種のIcm/Dotタンパクのうち14種はIncIプラスミドcolIb-P9のTra/Trbタンパクと、1種はIncPプラスミドRK2のTrbIタンパクと相同性を持つことも明らかにされた。これらの接合に関与する遺伝子群が染色体上にコードされていることより、Lpnには染色体DNAの接合伝達系が存在するのではないかと推測し、本研究を行った。その結果、組換え体が接合によって出現していることを示すと考えられた。会員外共同実験者:H.A.Shuman


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事