Legionella longbeachaeによるマクロファージ様HL-60細胞のアポトーシスの機序の検討

caspaseが活性化されるシグナル伝達機構としてのFas、TNF-α receptorna等の関与について検討を行った。L.longbeachaeの感染したマクロファージはアポトーシスを誘導する過程で、FasおよびTNF-α receptornaのシグナル受容体を介さずにcaspaseを活性化する可能性が示唆された。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事