レジオネラ─病院感染を起こす代表的な微生物(感染経路と病原性)─

レジオネラ属菌の感染は汚染された水系からエアゾルを吸入することで起こり、ヒトからヒトへの感染はないとされている。クーリングタワーの水、温泉水の誤嚥、循環式浴槽のほか、病院内では人工呼吸器ネブライザー、シャワー、水道水などの汚染による感染例がある。レジオネラ感染症はポンティアック熱と重症型のレジオネラ肺炎が主なものである。レジオネラ属菌の染色にはヒメネス染色などの特殊染色が必要であり、分離培養にもBCYE-α培地のような特殊培地が必要である。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事