血液を用いたPCRのレジオネラ肺炎の早期診新法としての検討

目的
EIAを用いたレジオネラ尿中抗原検出はレジオネラ肺炎診断法として広く応用され、感度・特異度共に有用である。レジオネラ肺炎の早期診断法としてのPCRはBALFや胸水にて有用であったとの報告があるが、より非侵襲的な方法での検体採取がのぞまれる。このため、レジオネラ肺炎の早期診際法として血液を用いたPCRの有用性について、マウスモデルを用い、BALFのPCR及びEIA法を用いた尿中抗原検出の有用性と比較検討した。

方法
菌株:Legionella pneumophila(ATCC33152株)を使用した。マウスレジオネラ肺炎モデル:5週齢、オスのA/Jマウスを用い、気管内へ調整したL.pneumophila菌液を0.1mlずつ接種した。それらのマウスより血液、BALF、尿の検体を採取した。DNAの抽出:CLONTECH社のNucleo Spinを用いて行った。PCR:プライマーはLegionella 16S rRNA geneをターゲットとしたLSP-GCG-SとCp3.2を用いた。尿中抗原の検出:Binax社及ぴBiotest社の尿中抗原検出キットを用いて行った。

結果
血液、BALFの培養は感染後3日目まで陽性であった。血液及びBALFのPCRは、どちらも感染翌日から3日目まで陽性となった。その後、BALFのPCRは6日目には陰性となったが、血液のPCRの方は8日目まで陽性であった。尿中抗原の検出は感染後18日目まで陽性であった。

考察
血液のPCRは検体採取がBALFを用いたときよりも簡便で、その感度も尿中抗原の検出に劣らないものであった。以上より、臨床でも有用な診新法である可能性が示唆された。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事