Lgionella pneumophillaの病原遺伝子pts-Pに関する研究

新しいレジオネラ病原遺伝子の一つであるptsP遺伝子について検討した。ptsP遺伝子の塩基配列は2、295塩基からなり、BlastX検索によりPseudomonas aeruginosa、Azotobacter vinelandii、Escherichia coliptsP遺伝子と高い相同性が認められた。ptsP遺伝子のtrans comple mentationによって、モルモット感染モデルおよび細胞感染モデルにおいて病原性が回復した。本遺伝子の変異株はpore formation、phagosome-lysosome fusionの阻害能、DtoAおよびIcmX蛋白発現、apoptosis誘導はほぼ正常であった。ribosome studded phagosome形成はやや遅れる傾向がみられた。ptsP遺伝子は細菌特有の情報伝達系に関与するものと報告されており、レジオネラの宿主細胞内増殖および生体内の病原性発現にも同様の情報伝達系が重要であることが明らかにされた。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事