Legionella Bozemaniiによる胸水を初発症状としたレジオネラ症

今回、聖マリアンナ医科大学では、レジオネラ・ボゼマニによる胸水を初発症状としたレジオネラ症を経験したので報告している。症例は、75歳男性。平成13年1月1日にスティーブンスジョンソン症候群の疑いで聖マリアンナ医科大学皮膚科に入院。入院10日目の胸部単純写真、CT上左胸水を認め、胸水検査にてレジオネラ属が培養され、 Legionella Bozamanii特異間接蛍光抗体法にて陽性となった。その後、アジスロマイシン、リファンピシン、ミノサイクリンなどにて治療を行い一時的に小康状態を得たが、最終的に表皮ブドウ球菌性敗血症を併発し死亡した。分離されたLegionella Bozamaniiに対する抗菌薬感受性は、エリスロマイシン;0.25ug/mL、アジスロマイシン;0.25ug/mL、ミノサイクリン;4ug/mL、リファンピシン;0.002ug/mL未満であった。レジオネラ症では、胸水を初発症状とすることは比較的まれであり、特にLegionella Bozamaniiによる胸水初発のレジオネラ症は現在まで報告されておらず貴重な症例であると報告している


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事