レジオネラ肺炎における高酸素療法の影響(2)-感染菌量、酸素濃度・投与期間との関連について

レジオネラ肺炎のモデルマウスを使い、高酸素療法の影響について感染菌量、酸素濃度・.投与期間との関連を検討している。観察の結果はroom-airのコントロール群に比べ高酸素環境群で高い死亡率が確認され、死亡率の増加は酸素濃度と相関する傾向が見られた。但し肺内菌数では差は見られなかった。肺重量は感染+酸素投与群で重く、酸素濃度に相関していた。アポトーシスマーカーも感染+酸素投与群で高かった。以上により高酸素療法が酸素濃度に相関して、レジオネラ肺炎モデルにおける死亡率を高めることが確認されている。臨床例を含め更に検討する必要があると考察している。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事