レジオネラ属菌の水系汚染-宿主アメーバの果たす役割

レジオネラ感染に関して、最も重要な点は増殖の場としてのアメーバの役割である。レジオネラ属菌は、まず宿主となるアメーバの細胞内の食胞内に取込まれる。消化を免れたレジオネラ属菌は食胞内で増殖を開始する。菌の増殖に伴い食胞はしだいに大きくなり、宿主アメーバは細胞としての機能を失い、崩壊する。その一方で、レジオネラは活性化され、食胞内で激しく運動するようになる。やがてこの食胞が破裂して、レジオネラ属菌が外界に放散することで再び新しい宿主へと感染する。レジオネラ汚染対策の問題点の1つは、汚染された環境を洗浄・消毒しても、まもなくレジオネラの回復がみられることである。この原因はバイオフィルム中に存在するレジオネラの一部が消毒などに耐えて生残し、再び増殖しはじめることによると考えられる。実際、バイオフィルム中にアメーバが多数存在する。アメーバは、塩素や通常の抗レジオネラ剤の使用濃度では影響を受けないことから、アメーバ内の菌は薬剤から遮断され、結果的に生残することができる。宿主アメーバはレジオネラを環境変化や薬剤などのストレスから守るとともに、移動・拡散にも役割を果たしていると考えられる。宿主アメーバの水系環境における実態調査でさらに以下の2点が明らかになった。

■人工の温水系に幅広く存在し、pHなどに大きく影響されない。
■循環式浴槽で用いられる生物浄化槽に代表されるろ過システムにおいて、多量に発生している。近年、我国でもレジオネラ症の感染源として重要視されている冷却塔水、給湯水、循環式浴槽である。レジオネラ対策の根本的問題はアメーバ対策である。そのアメーバ対策に関してはバイオフィルム対策と言い換えてもよい。冷却塔、給湯系、循環式を含めた浴槽、いずれもアメーバの汚染源、そしてレジオネラの汚染源は、そこに形成されるバイオフィルムである。いかにバイオフィルムという生態系をコントロールするかが、水系環境汚染対策の課題である。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事