レジオネラ感染の病態形成

細胞内増殖菌であるレジオネラと宿主細胞の間には分子レベルでのcommunicationとも呼ぶべき相互作用がみられることがあきらかとなっており、病態解析に新たな展開をもたらしつつある。レジオネラの感染の成立には宿主細胞での増殖が第一段階である。宿主細胞内でのレジオネラはphagosome-lysosome融合を疎外し、レジオネラのphagosomeは粗面小胞体に類似した形態を呈して、その中で増殖を開始する。我々の研究成績ではin vivoでのレジオネラの病原性発現にはEnzymeINtrを介する細菌特有の情報伝達系の重要性であり、特に肺胞上皮細胞内における増殖能および細胞障害性との関連が示され、肺炎の重症化との関連が示唆される。さらに感染防御機構についても検討を進めている。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事