温泉のレジオネラ感染防御におけるToll-like receptor

細胞内増殖菌であるレジオネラに対する感染防御における自然免疫機構、Toll-like receptor(TLRs)の役割について検討した。

方法
8〜12週のマウス(WT)、TLR2遺伝子欠損マウス(TLR2KO)、TLR4遺伝子欠損マウス(TLR4KO)の大腿骨より骨髄細胞を採取し、マクロファージに分化させた。このマクロファージにL.pneumophilaを感染させ、経時的な菌数増殖を測定した。同時にIL-12などのmRNAの発現について検討した。

結果
レジオネラ感染後24時間後にWT、TLR4KOマクロファージではIL-12およびTNFα産生が認められたが、TLR2KOでは両者の産生は有意に低下していた。WT、TLR4KOではIL12mRNAの発現が認められたがTLR2KOでは有意に発現の減少を認めた。このことから、TLR2はレジオネラ感染初期のマクロファージによるIL-12産生において必須であり、mRNAレベルでの調節に関っていることが判明した。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事