環境水からのレジオネラ分離における前処理法の検討

目的
レジオネラ分離における真菌の除去を目的とした前処理及び分離培養法の検討

方法
新版レジオネラ症防止指針に準じ、糸状真菌の標準菌株を酸処理法及び熱処理法で前処理してその回収率を調査した。

結果
市販選択培地の向上により、環境水中の細菌における汚染率は改善されつつあるものの、糸状真菌の影響には問題がった。今回の検討で前処理及び培養法の工夫で軽減させることができた。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事