Loop-mediated isothermal amplification(LAMP)法によるレジオネラ属菌の検出

Loop-mediated isothermal amplification(LAMP)法とは迅速で高感度な特異性の高い新規遺伝子増幅法

目的
16S rRNA遺伝子を標的としたLAMP法によるレジオネラ属菌の検出方法の構築

方法
レジオネラ属6菌種の16S rRNA遺伝子配列からレジオネラ属菌に特異的なLAMP法のプライマーを設計し、特異性試験および検出感度試験を行った。

結果と考察
L.micdadeiを除くレジオネラ属5菌種はすべて50分以内に遺伝子の増幅が認められた。また、L.pneumophilaでは60CFU/testまで検出可能であった。これにより、今回設計したプライマーを用いたLAMP法で肺炎が疑われる患者検体から、簡便、迅速、正確にレジオネラ属菌が検出可能になると考える。


レジオネラ文献, 検査方法カテゴリーの記事