温泉貯湯タンク内におけるレジオネラの増殖

目的
レジオネラの増殖の様子を知るため、レジオネラが検出された温泉貯湯タンクにおいて、タンク清掃後のレジオネラ増殖について観察した。

方法
貯湯タンク内におけるレジオネラの経時変化を1週間毎に1ヶ月間観察した。

結果と考察
貯湯タンク清掃直後から菌が観察されたが、生理活性を持つ持つかどうかは不明であった。培養によるレジオネラの検出は3週間後から確認された。このことからタンク清掃後もレジオネラやアメーバ類は生残っており、アメーバ類がレジオネラの増殖を促していることが伺われた。したがって、レジオネラの増殖を押さえるには、貯湯タンクについては完全な除菌は難しいことを念頭に置き、清掃や消毒などを定期的に行うことが必要である。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事