レジオネラ感染の分子病態

レジオネラ感染の分子病態を明らかにする手がかりとして、in vivoを微生物の病原遺伝子を特定する手法として近年開発されたSignature tagged mutagenesis法を用い、レジオネラの病原遺伝子の捜索を試みた。その結果、in vivoにおけるレジオネラの病原性発現には、マクロファージ内増殖能に関与する遺伝子群とともに、細菌特有のPTS情報伝達系の重要性が示された。特に、肺胞上皮細胞内での本菌の増殖能および細胞障害性と病原性との関連が示され、肺炎の重症かとの関連が示唆された。こうした分子病態の解析が本菌感染症の新たな治療法の開発へとつながることを期待したい。


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事