オランダにおけるスイミングプールの規制強化について

オランダ政府は、公営ならびに私設スイミングプールを調査し、40%以上からレジオネラ属菌が検出されたことを受け、より厳しい規制が必要との見解を示した。一例をあげれば、調査した96ホテルの9%のプールからレジオネラが検出された。ピーター・ファン・ヘール環境次官は、菌が検出された数多くのプールの現状対策は不十分で、ホテルやスイミングプールでの感染防止のため、新たな規制であると述べた。因みに現在の基準は、1999年の展示会に出展された過流式浴槽が原因となり、242例のレジオネラ症が発症し28名が死亡した事故の直後に制定されている。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事