温泉のレジオネラ感染予防のための、Legionella pneumophilaの温泉での生存様態の解明

目的
感染防止には温泉でのL.pneumophilaの生存様態を解明する必要があるため、物性の異なる温泉水中で、L.pneumophilaがどのように生存するのか、そしてどのような経路で温泉に侵入するのかについて検討した。

結果
L.pneumophila SG1は、強酸性温泉水では急速に死滅した。他の温泉水では、pHは5〜8まで、温度は45℃までは同様の生存傾向を示した。イオン強度の低下は生存能を消失させた。また、浴槽分離株と周辺土壌分離株間の遺伝子型は一致しなかったが、高濃度の塩素を含む露天浴槽水に浸った岩肌のぬめりからL.pneumophilaとアメーバが検出された。非学会員共同研究者山田宏治(東邦大学理学部化学科)


レジオネラ文献, 生息調査カテゴリーの記事