レジオネラ肺炎マウスモデルを用いた発症病態の解析:アポトーシスの関与と抗菌薬効果

目的
レジオネラが細胞に対してアポトーシスを誘導するという事実が最近報告され、その発症病態における役割が注目されている。今回、A/Jマウスを用いたレジオネラ肺炎マウスモデルを用いて、本症発症病態におけるアポトーシスの関与および抗菌薬の効果について検討した。

結果
レジオネラ感染によって感染2日後をピークに肺内菌数、アポトーシスマーカーの増加が観察された。また、CAM投与による生存率の改善および肺内菌数の減少、著明なhistone-DNAの減少を認めた。現在、CAMのアポトーシス抑制作用およびレジオネラ肺炎におけるアポトーシスの役割について検討中である。


レジオネラ文献, 総論カテゴリーの記事