基準超レジオネラ菌リフレッシュセンターおばま浴槽から検出-長崎県

2015/06/19付の長崎新聞によると、雲仙市のスポーツ施設「リフレッシュセンターおばま」の 浴槽から基準値を上回るレジオネラ属菌が検出され、浴槽の利用を一時中止していたという。 同施設は市の施設で指定管理者が運営しており、市によると4月24日と5月1日、計6カ所の 浴槽で基準値を最大210倍上回る菌を検出、浴槽の利用を中止して清掃や消毒を実施。再 検査で菌を検出しなくなったため11日から利用を再開したという。市商工労政課は安全、衛 生を確保できるよう指定管理者の状況把握に努め、必要であれば指導していくとしている。

記事掲載誌 長崎新聞 掲載日 2015年6月19日 記事番号 1185