町入浴施設でレジオネラ菌、高森町-熊本県

2014/12/13付の熊本日日新聞によると、高森町は12日、町営の入浴施設「朋遊館」で県の基準 値を超えるレジオネラ菌が検出されたと明らかにし、13日から営業を休止するという。 定期検査で浴槽から基準値の1.2倍のレジオネラ菌が検出された。13日に浴槽や配管の清掃や 消毒を実施、再検査で安全が確認されれば来年1月5日以降に営業を再開するという。

記事掲載誌 熊本日日新聞 掲載日 2014年12月13日 記事番号 1162