浜田の公衆浴場で基準の8、400倍のレジオネラ菌-島根県

2014/09/13付の毎日新聞地方版によると、浜田市は11日、旭温泉にある公衆浴場「あさひ荘」で 基準値の8、400倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。8月3日にリニューアルオープン したばかりで、9月30日まで営業停止し、施設の消毒や清掃を実施して原因を調査する。 循環式、女湯で基準を大幅に超えるレジオネラ菌が見つかった。女湯では予想を上回る入浴客で、 念のために8月25日に検査し、9月11日に検査結果が判明したという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2014年9月13日 記事番号 1149